Kiki's

紀々(kiki/哲楽家)

・・・






哲楽するラジオ!




ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
心のなかの幸福のバケツ
心のなかの幸福のバケツ (JUGEMレビュー »)
ドナルド・O・クリフトン,トム・ラス
RECOMMEND
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる! (JUGEMレビュー »)
村上 和雄
本来自分自身がもっている可能性は、もっともっとあるんだ!
そう教えてくれる一冊。
可能性が広がるので、前向き度がグンと上がりました。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
コミュニケーションを楽にする!メルマガQ&A紀々塾
 10年以上の「あたため期間」を経て
いよいよ4月からスタートした
紀々のひとつのサポート完成形!
 ↓
 コミュニケーションを楽にする!
 メルマガQ&A紀々塾

 

 0期生のみなさんとの日々は、
ワクワクドキドキでちょうど一ケ月。


 みなさんとのやりとりの中で、
貴重なお題・発見・やりがい・手応え……
私がいっぱい頂いています。


 初めての方には、なかなか・なかなか
わかってもらえないこともありますが、

 ちゃんと届いている!!

 そう思える心強さは、
本当にありがたいです。


 年齢も職業も住んでいるところも
別々の方が、それぞれ自分と向き合い
ゆるりと相手の声に共感したり
一緒に考えてみるという場は、
まさに私が目指していたカタチ。


 でも、初めての方への説明が難しく……
どうしたものかと思っていたところに、
メンバーのお一人から、
「貴重な体験談」を頂きました!!

 これはもう、私の宝ものです♪

 そっと心に閉まっておきたい
くらいの感激ですが、それでは
意味がないので…(^^;)

 感謝を込めて、お届けします (^^)/  

===

 産休を前に、
自分や家族、仕事にまつわるモヤモヤを
見直そうと、メールde哲学さびらを通じて
紀々さんのコーチングを受けていました。

 目からウロコがポロポロと落ちるような、
とても有意義な体験だったのですが、
出産後のバタバタな時期も
同じペースで続けるのは難しいな、、、
と思っていたところ、
メルマガ0期生のご案内を頂き、
渡りに船!と早速申し込みました。

 始まる前は、
どのようなメルマガになるのか
ピンときていなかったのですが、
紀々さんからのその日その日の問いかけや
近況のご紹介、読者のお悩み相談や
それに対する紀々さん・他の読者の方の
ご提案の紹介など、まさに
「読むラジオ」という感じで、
毎日がワクワクです!

 また、産休・育休中は、
出産・育児に専念できる一方で、なんとなく
孤独な(大げさにいうと、社会から隔絶された^^;)
気分になることもありますが、
メルマガを通じて、紀々さんや他の読者の方々と
繋がっていられるというのが、
とても励みになっています。

 メルマガといいながら、
自分のお悩み相談や返信を反映していただける
双方向コミュニケーションに近い形なので、
メールde哲学さびらの終了後も、
紀々さんのコーチングがゆるやかに
継続しているような気分です。

 紀々さんのコーチングに
興味のある方には、手軽なお試し体験として、
是非是非お勧めしたいです。

 また、漠然とした日々のモヤモヤを
感じていらっしゃる方にとっては、
モヤモヤ解決のヒントを掴む
いいきっかけになるのでは、、、と思います。

===


 距離も時間も人数も関係なく
必要なサポートを届けられるように。

 誰かの支えとなっている人の
支えのひとつになれるように。


 10年以上、私が探してきたカタチです。

 紀々塾は3ヶ月ごとに募集します。
 料金はいつから参加されても同額ですが、
よろしければいつでも大歓迎です。

 ☆ 個人向けのサポートプランは、こちらです

 
 自分に合うのはどれだろう?

 そういう方は、
どうぞ気軽にお問い合わせ下さい。 
 紀々案お届けいたします♪


 あした、転機になぁれ!

 
 
| 皆さんから頂いた「声」 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
最強の演目!
 哲楽商店inテンブスのアンケートの回収率の高さは、以前から驚かれていました。今回は、特に高かったそうです。

 哲楽商店inテンブスを10回目も!と願って下さったみなさん、本当にありがとうございます(^^)/ 次のスケジュールがこんなに早く決まったのは初めてです。

 とってもうれしかったので…ご紹介させて下さい。

 

 

 「印象に残った演目」が笑顔って……うたっても弾いてもいない「演目」とは、最強だなぁと笑ってしまいましたが、大きな自信になりました!!

 この演目を引っ提げて、これからもまいります(^^)

 「紀々さんのことを知らない人に伝えたいけど、どうしたらいいか難しくて」というのは、相変わらずの課題です。そんな伝えにくい紀々のことを言葉にして下さった方々の「声」を、ご紹介しています→こちら…よろしければご覧下さい
| 皆さんから頂いた「声」 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PTA新聞!
 去年の秋の「沖縄県高等学校PTA研究大会」での講演にうかがってから、いくつか頂いているのが…PTA新聞!

 ひとつの講演について、色々な視点から書いて下さっていて興味深く拝見しました。
 
 思わず笑ってしまったのが「まるでコンサート」という表現!

 読んだ方は、この写真からどんなことをイメージされるのかな?

 なんともワクワクで、そして書いて下さった方の想いがうれしいです。

 

  ・ 紀々のスケジュールは、こちらをご覧下さい ・
| 皆さんから頂いた「声」 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
痛快な感想! 〜メイクアップアーティストの名取瞳さんより。
 先日の東京でのライブにいらして下さった、メイクアップアーティストの名取瞳さんが、ご自身のFBに書いて下さった感想…ご快諾頂いたので、ご紹介させて頂きます。

 紀々:どうして今回、いらして下さったのですか?

 名取さん:来ればわかるって言われたから。そして、来なければわからないって(笑)。

 こんなにも痛快&ブラボーな感想を寄せて下さり、感激でした!

 名取さん、どうもありがとうございます!

===

 紀々(きき)さんは圧倒的に魅力的な人だった♡

 誤解を恐れずにあえて言わせて頂くなら(てゆーか、ご本人からの申告も含めてですがイイのかな・・)、彼女は超絶美人顔でもうっとり歌声ではありません(あ、いいのかな、断言しちゃって・・汗)。スーパー完璧ボディーでもなければ神でもありません(うーん、大丈夫かこの文字表現・・滝汗)。

 でも等身大で語るその言葉と歌と演奏には、「こころ豊かに生きる知恵」と「無理のない前向きマインドになれる」アイデアやヒントが随所にちりばめられておりました。時代の変化にマッチした現実的で且つ実践的なアドバイスは、この東京砂漠、いや混沌としてグレーな現実社会をサバイバルする上での大いなる知恵と勇気の元となるTIPS(コツ)があり感動しました。

 さまざまな言葉&歌&演奏がありましたので、当然すべては書き切れないのですが、ごくごくシンプルに書き記してみます。

◆ ×(ばつ)も視点を変えると+(プラス)になります。同じ記号でもその字を45度角度を変えればバツが(マルにはならないけど)プラスにはなるのでは・・という話。

◆ アンスグトゥーという沖縄の言葉があります。「うん、そうだよねぇ」というような相づちに使われる言葉だそうです。今われわれが大切にしたいことは相づち(共感であったり受け止めてあげる心のゆとり)ではないでしょうか・・という話。※聞き取り間違いだったらスミマセン→アンスグトゥー

◆ 「年子さん」という曲を作りました。年齢(加齢)はあなたと生まれてから死ぬまでずっと寄り添うパートナー。加齢を否定してしまったら自分が悲しくなるのでは?・・という歌。

 スローライフならぬスローライブは、メイクアップアーティスト兼HM事務所経営者として必死な自分にとって、じんわりと充電できる半日となりました。研究会の会長の岡部さん、副会長の横倉さん、お誘いありがとうございました。

 紀々(きき)さんは、机上の空論のセミナー講師とは異なり、非常に現実的で実践的なコミュニケーションの仕方を歌や演奏と言う道具を用いて伝える講師という印象でした。そうなんです耳に残るなんともいえない詩とメロディーにのせて伝えるプロフェッショナルなのです。 

 あぁ次回のライブも楽しみです!!!

===

 残念ながら2ショット写真を撮りそびれてしまいました…なので、みなさん一緒の一枚を。
 
 ※ 私のちょうど後ろにいらっしゃる方が、名取さんです。

 「だったら私も行かなくちゃ!」と思った方は、スタジオでの哲楽商店へどうぞ
| 皆さんから頂いた「声」 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やっぱり不思議…「ラララ♪」パワー!
 うれしいレポート、頂きました!このうたの不思議な広がり…まだまだナゾがいっぱいです。そして、ありがたいです。

 私からも、つい最近の出来事をひとつ。

 友人と一緒に出かけた「りうぼう」で、私たちがお店を出る時に小さな兄弟らしき子どもさんが「ラランララン♪」と歌いながらお店に入って来ました。

 友人Tさん:この歌、好き?

 兄弟:(ちょっと驚きながら)うん。

 友人Tさん:おじさんも、好き。

 驚く私をよそに、子どもさんはニッコリ笑ってお店へ。

 思いがけない「ラララ♪」な出来事でした。2年ほど前にまいた種は、ワクワク芽を出してくれているようです。

 

 「ラララ♪りうぼう」は、スタジオでのライブでお届けしています。それから、10日の毎日新聞の記事…WEBでの公開にOK頂いたので、こちらでどうぞ。 
| 皆さんから頂いた「声」 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
うまくいかない時に、必要なものは…。
 紀々さんのテーマ曲は、ないの?

 思いがけない質問に、ビックリ!!

 そうでした、みなさんのテーマ曲は色々つくってきたのに、私のテーマ曲は…ありませんでした(笑)。というわけで、つくってみます。仕上がったら、まずは電波堂クラブでの哲楽商店でお披露目しますね。

 「涙が出て、自分でもビックリしました」という声を、このところいくつか頂いています。それは感動でも悲しみの涙でもなく、きっと「ホッとして」ということではと感じています。自分の張りつめ感・頑張り感に気づいていないケースも多いようです。

 なぜうまくいかないの?
 なぜ笑顔がないの?
 なぜやさしくなれないの?

 そんな時に足りないのは、頑張りではなく「ホッとすること」かも。

 このところ頂く反響に、そう感じています。ただホッとするだけで、こんなにも動き出せるものなのだと私自身も教えてもらいました。

 まさか、そんなことくらいで…と思いますよね?

 私も、最初はそう思っていました。いえ、今でもまだ半信半疑(笑)。

 でも、どうやらこれは、ホントのようです。 

 
| 皆さんから頂いた「声」 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リブラさんに頂いたミラクルな一着!
 

 紀々のスタイリングでお世話になっている、リブラさんこと西村ゆかりさん。先日の哲楽商店inテンブスにいらして下さいました!

 頂いたワンピースは、食育フェスティバルのタイミングと帽子にピッタリのミラクルな一着となりました!

 そのことをブログに書いて下さったので…ご紹介させて頂きます

 その1 ・ ☆ ・その2
| 皆さんから頂いた「声」 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
森田由美子さん(株式会社C's PORT 代表取締役)より
 先日の「哲楽商店inテンブス」にご来店下さった森田由美子さんが、ブログでご紹介下さいました。
 こちらをご覧下さい♪

 どうもありがとうございます(^^)/

 
| 皆さんから頂いた「声」 | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マーケティングの北原秋一先生より。
 


 哲楽商店 in studio紀々へご参加下さった、マーケティングの北原秋一先生がブログでご紹介下さいました

 「何を届けたか」より「何を届けることができたのか」に意識を向けてみよう。

 このところ、そんなことを考えています。

 スタジオでの哲楽商店では、電子オルガンの舞台裏パフォーマンスが好評でした。私にとっては、もう30年以上の付き合いなので「いつもそばにある」存在。でも、多くの方々にとっては「普段はピアノよりも観る機会の少ない、めずらしい楽器」。

 私が今の私になった根っこに、電子オルガンとの日々がありました。今から12年ほど前には、身体を壊してもう電子オルガンの演奏は無理だと思われました。だからこそ、演奏できるうれしさを実感しています。

 当たり前が当たり前ではないと気づいた今…あの時には弾けなかった「何か」が届けられるようになったのではと、自分の中の変化を感じています。

 幸せ体質になるポイントのひとつは「当たり前を見直すこと」かも。

 明日の夜、スタジオでお待ちしています
| 皆さんから頂いた「声」 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
母校での創立記念講演の反響♪
 「記憶に残っているって、すごいです!!」

 昨年12月に、母校である首里高校の創立記念講演会にうかがったのですが、その講演がまだ話題になっているとの後日談を聞き、感激しています。

 そういえば、講演が終わってからしばらくした頃…研修でうかがった企業の部長さんからご連絡を頂きました。「紀々さん、首里高校で講演されたのですね」とのこと。なぜご存知なのかなと不思議に思っていたら、娘さんがお二人首里高校に通っていらっしゃるそうです。

 「紀々さんの講演を聞いた日は、二人でずっとその話をしていましたよ。」と教えて頂き、とてもうれしくなりました。これだけ情報量の多い現代において、記憶にとどめてもらえるというのは貴重だと感じるので。また、ちょうど父親とのコミュニケーションが少し難しくなる年代に、父と娘で一緒に話せる話題のひとつとなれたことも、うれしいです。

 私にとって、人生の大きな転機の一つが高校時代にありました。高校生にお話する時の気持ちは、私にとっても特別なものです。なので、それが届いたということが本当に幸せです。

 私にも、あの日の御礼に頂いた1500人の「ラララ♪りうぼう」大合唱は、心に残っています。あの日はちょっとビックリして半分固まってしまったので(笑)、今度はしっかり一緒にうたの輪に加わりたいと思っている私です!

 「あのうたをつくった人が首里高の先輩であることは、誇りです。」

 そんなコメントももらいました。勇気が出ます。

 さぁ、先輩も…がんばります!!
 
 これまでに頂いた「ご参加の皆さんからの声」は、こちらにご紹介しています♪ 感謝を込めて。

 
※ 講演終了後に、校長先生方と記念撮影をと思っていたら、何やら視線が…。校長先生の「みんなも一緒に!」との呼びかけで、あっという間ににぎやかな記念撮影となりました(^^)/
| 皆さんから頂いた「声」 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>