Kiki's

紀々(kiki/哲楽家)

・・・






哲楽するラジオ!




ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
心のなかの幸福のバケツ
心のなかの幸福のバケツ (JUGEMレビュー »)
ドナルド・O・クリフトン,トム・ラス
RECOMMEND
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる! (JUGEMレビュー »)
村上 和雄
本来自分自身がもっている可能性は、もっともっとあるんだ!
そう教えてくれる一冊。
可能性が広がるので、前向き度がグンと上がりました。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
人生を変える!?〜「ゆんたくらふと」の哲楽
 もしかして、これを読んで下さっているあなたは……人生を変えたいと思っていますか?

 もしアタリだったら私もドキドキです(笑)。

 私のところに来て下さる方は、しばしば「ここで転機を起こしたい」と思っていることがあります。

 あした…転機になぁれ!というキャッチコピーが「私のことだ!」と思って下さった方。

 「もっと早く出会いたかったなぁ」と言われてしまうので、今日は、ここに書いてみます。

 
 15年ほど転機をサポートする仕事をしてきたのですが(その間、弾いたり・うたったり・レザークラフトしたりもありながら)、今年になって、10年近く前にお話聞かせて頂いた方々からの「その後のミラクル報告」が不思議と続きました。

 あの時、大変でしたよね〜!

 お互いに思い出しながら、笑ったり感激したり、そして、あの時の自分をほめたたえたり。

 
 そんな大爆笑の振り返りトークの中で、ふと気づいたことがあります。

 「人生が変わる」って、もしかしたら私たちが思っているよりももっとずっと小さなことがきっかけなのかも。

 iPhoneImage.png
 
 思いきり話をすること。
 
 エイっと自分と向き合ってみること。
 (向き合うのがイヤでも、「イヤ」という気持ちをハッキリさせるだけで変わることもあります。)

 日々を観察してみること。

 少なくとも、私がご一緒させて頂いたのはこういう場でした。

 
 転機の前には、たいていモヤモヤやゴチャゴチャがあります。
 なので、まずは「何がモヤモヤになっているのか」「このゴチャゴチャの中身は何?」ということを一緒にハッキリさせるべく、とにかくとことんお話を聞きます。

 いっぱい出てきましたね〜!

 となったら、それを一緒に眺めて……また話す(笑)。泣いたり・笑ったり・怒ったり色々しながら、とにかく話します。

 その後は、メールでやりとり。

 突然あしたから別人!にはならないので(なったらキケン・笑)、丁寧に「その後」を観察して・考えて・またやってみて……の積み重ね。

 一時期、レコーディングダイエットというのが流行りましたが、仕組みはそれと似ています。
 
 「日々を丁寧に記録する」

 それを、自分だけではなく二人で見て行くというのはポイント。

 
 そして……

 あとは、これの積み重ね。

 劇的なことがなくて申し訳ありません。

 でも、これが「ミラクル」の舞台裏です。


 劇的な変化は、劇的ではない日常の中にあるようです。

 この経験から、私は「ゆんたく(おしゃべり)」に注目するようになりました。

 言葉にして外に出すデトックス作用が、こんなに大きいということを、私は転機を迎えたみなさんから教えて頂きました。

 
 「だから今は、とにかく話すことを大切にしています。部下にも話してもらうようにしています。」

 こうして「ゆんたく」のバトンはつながっていて、とってもうれしいです。

 
 私が「ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながら)手づくり」を始めたのは、15年の出来事がきっかけです。

 だって、せっかくなら「ゆんたく」だけでなく何かカタチになったらうれしいなと思うから。
 (私だけじゃないですよ…ね?・笑)

 160826-8.jpg

 そんな紀々のおせっかい魂から生まれた「ゆんたくらふと」、お気軽にどうぞ

 個人向けサポートは、メールバージョンで再開しました。

 あした…転機になぁれ!


 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。
 

 
| ゆんたくらふと | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆんたくらふと〜ストラップをつくろう!編の「つくり方」をご説明します
 贈りもの&お土産をつくるゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 これまでは革のコサージュだけでしたが、もっと気軽に・年齢も男女も問わず参加しやすいものをということで……「ストラップをつくろう!編」をご用意しました。

 つくり方、といってもすご〜くシンプルなのですが、ご紹介します。

 まずは、革をカット。 ※今回は、こちらでカットしておきます。

 160826-1.jpg

 次に、刻印と木づちを使って、革に文字や模様を打ちます。アルファベットや数字・干支・音符など色んな刻印がありますので、組み合わせて思いきり自由に!

 160826-3.jpg

 写真にするとかなり地味ですし、見ていてもシンプルな作業なのですが……実際にやってみると、大人もその楽しさに夢中になって「み〜んな子どもになっちゃう」くらいの不思議な魅力があります。やったご本人もビックリするくらいに止まらなくなる人が続出です(笑)。

 
 ※ ショップでの体験イベントにて。

 刻印を組み合わせて、プレゼントする人のことを思い浮かべながらコンコンコンコン……

 160826-4.jpg

 思う存分打ったら、ストラップ金具をつけます。

 160826-5.jpg

 はい、できました!

 160826-6.jpg

 カタチを変えると、また雰囲気も変わります。初回は「しかく」の土台です。

 160826-8.jpg

 あれ? これだけ???

 説明すると、「はい、これだけ」なんです。寂しいくらいのシンプル(笑)。

 この感激と楽しさは、やってみた人だけのお楽しみ。「紀々の店」が開いている時なら、いつでもどうぞ。また、休日はお隣のstudio紀々で「ゆんたくらふと企画」(こちらは予約制)がありますので、お子さんも一緒にご参加下さい。

 沖縄のお土産に、「お菓子じゃない何か」をお探しの時にも是非。ちょっとした御礼やプレゼントにも、どうぞ。部活やサークルの仲間でお揃いのお守りにも。

 ストラップの他に、革のコサージュもつくれます。少しずつアイテムも増やしていけたらと思っていますので、気軽に・気長にお付き合い頂けたら幸せです。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 週末・休日はお店がクーラーが止まってしまうため、隣のビル3Fのstudio紀々で「ゆんたくらふと企画」(こちらは予約制)をお届けします。

 ☆・ 開催日は、カレンダーをご覧下さい ・☆

 参加費は、ストラップ2個・1000円です。製作時間は人それぞれですが、だいたい30〜50分くらいです。

 ご参加希望の方は、こちらからご予約下さい
  「@kikism.net」からのメールを受信できるように設定をお願いします。

 または、メール cs(at)kikism.net で。

 お問い合わせはもちろん、「この日に沖縄に行くのですが…」という日程のリクエストもお気軽にどうぞ!

 「紀々の店」では、モノレールを上から眺められる窓から、那覇を新しい角度から見渡せるのも魅力です。
 

 小さな革のストラップから、新しい世界が広がりますように!
 

 ・おまけ・
 知名御多出横(ちなオーディオ)の最新モデルも一緒にお待ちしています。お好みのCDがあれば、持ち込みも大歓迎です♪
 


 ◆ ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり〜革のコサージュ編

 

 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| ゆんたくらふと | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ゆんたくらふと」の原点〜看護師長さんのためのリフレッシュ研修
 風のある青空の那覇より、紀々です。いよいよゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくりの準備が整いつつあります。ここに来るための生みの苦しみだったのかなぁ、と思うこの頃。

 変わらない方が楽だったかもしれないけれど、変わらないままだと楽しくはなかったかな。その時は楽だったかもしれないけれど、長い目で見ると本当の意味での「楽」というのは今取り組んでいるところにある。

 そう思いながら、一歩ずつ。

 新しい試みのようでもありますが、実は、そのルーツは何年も前にあったことに気づきました。しかもそれは、お客さまに教えて頂いたことでした。

 「勉強会ではなく、リフレッシュができるものを。」

 とある講演で私のコサージュを見て下さったリーダーからのご依頼が、コミュニケーションのプチ講座の後にコサージュづくり、という2本立てのリフレッシュ研修でした。
 

 対象は、看護師長さん。

 日ごろの業務では緊張度が高く、勉強会では理論・知識・技術系のものが多いので「アタマとココロをやわらかくする場」をとのリクエスト。

 実は、「アタマとココロをやわらかくする場」が必要との声は、特に医療・介護の現場で多く聞くのですが、講演・研修というカタイ形式そのものは変えられないことが多いため、そのカタイ枠の中で私が出来ることは限られていました。

 看護師長さんたちとのリフレッシュ研修は、私にとってとても印象深いものでした。手を動かしながら、色んなことをゆんたく(おしゃべり)する中で、まずそれ自体が「コミュニケーション」。そして、作る過程で「その人らしさ」があちこちで見えてきます。意外に大胆だったり、思いがけず繊細だったり、決断のスピードにもちがいが出て、お互いにビックリ!そこに紀々解説も加えていくと、なんと立派なコミュニケーション実践研修でした。

 最後にカタチになった時のうれしくハッピーな空気は、理論中心の研修では出会えないものでした。自作のコサージュをつけての記念写真……そのハッピーが伝わってきませんか?
 

 明日からはまた緊張度の高い職場に戻られても、コサージュを見るたび・身に付けるたびに、ちょっと気持ちがホッとして軽くなったらいいな。そう思った帰り道のことを、今でも覚えています。

 ゆんたく(おしゃべり)のもつ「気持ちを軽やかに整える力」と、自分で手づくりしたモノのもつ「その気持ちを持続させる力」は、最強コンビ!

 私は、そう感じています。私自身、その力に助けられました。

 だから、今度はお店でお届けできる場をつくりたいと思っています。 

 コサージュよりも、もっとずっと小さくて気軽につくれるストラップから。親子で参加できるように準備中です。
 iPhoneImage.png

 週末はお店がクーラーが使えないので、来月10・11日あたりにstudio紀々でと調整しています。詳しくは追ってお知らせしますので、関心ある方は何となく予定だけ入れていて下さいね。

 あした…転機になぁれ!

 P.S.
 1:革のコサージュづくりも「紀々の店」でどうぞ!

 2:アタマとココロをほぐす講演をお探しの方へ


 

 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| ゆんたくらふと | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
沖縄で、青い海も青い空もない時は。
 うっすらグレーがかった青空の久茂地より、紀々です。今日は久々にどしゃ降りにあって、着替えるほどのずぶぬれでした。

 

 

 雨の国際通り...ちょっと寂しい感じです。

 雨宿りしながら思い出していたのは、ちょうどこのところ話題になっていたこと。


 沖縄に来た時に、青い海も青い空もないお天気に当たってしまったら意外と楽しめることが少ない、という切ない課題。

 そうなんですよね、実は沖縄はピカピカお天気の日はイメージされているよりずっと少ないのです。台風でホテルから出られなくなってしまい、お客様もホテルも困ってしまったという話も聞きます。私も、その解決のためにご依頼頂いたことがありました。

 マネージャーからの電話はこんな感じでした。

 紀々さん、北部の〜〜ホテルから連絡がありました。台風でお客様がどこにも出られないので急きょライブを企画するので来てもらいたいそうです。この風だとかなり危険ですよ。先方も本当に困っているのはわかるのですが......私と心中してもいいなら行きますか?

 外は暴風で、ニュースではひっきりなしに警戒を呼び掛けている状況だったので、やむなく断念しました。

 ここまでの状況は別としても、青い海も青い空もない時に、せめて気持ちは青空になる場はつくれるのではと...ある時から考えるようになりました。

 そして今、準備を進めているのが「ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながら革小物づくり」です。

 過去に一度、友人がせっかく来たのに台風でどこにも行けなくなってしまったので、スタジオで演奏とレザークラフトのストラップづくりをやったら、とてもとても喜ばれたことを思い出し、紀々の店のメニューにしてはとの話になりました。

 詳しくはまたあらためてお知らせしますが、先に今日は私がつくったサンプルをご紹介します!

 

 来月は、週末はお隣のスタジオでできるように予定しています。

 プレゼントもお土産も、買うより作ったらhもっと楽しい!をお伝えしたくて。

 語り出したら止まらないので、今日はこれで(笑)。もし「この頃に沖縄行くのですが」という日程のリクエストがあればご一報ください。

 あした...転機になぁれ!


  

 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| ゆんたくらふと | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
頭をやわらかくする方法!
 

 

  

 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| ゆんたくらふと | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
何にもならないことの効果 〜「ゆんたくらふと」の哲楽
 「それで、売上は上がるのでしょうか?」「それは、儲かるの?」

 コミュニケーションの分野で企業研修を中心に活動していた時期、いつもこの質問に向き合っていました。役員の経営会議で追及を受けることもありました。その厳しさを見た中堅リーダーからは「オレが紀々さんだったら、あの厳しさの中で持たなかったと思う」と言われるほどの過酷さも。

 この大奮闘を経て、気づいたことがあります。

 「特に何にもならない」ことの大切さ。そして、ミラクルというのはそういうところにあるのではと。

 私は、そのことをもっと確かめてみたいと思うようになりました。「紀々の店」は、その実験室でもあります。

 つくるより、買ってきた方が早い。下手すると今は、買ってきた方が安いものだってある。

 でも、私はあえて「ゆんたくらふと」を大切にしたいと思っています。


 
 本当に価値やチカラをもつのは、コサージュというモノではありません。これは、ステキなおまけ。

 工夫しながら手を動かすこと。ゆんたくで軽やかになること。贈る相手のことを想うこと。仕上がった時の達成感。などなど……こういうものが、私のいちおしポイント!

 モノがひとつ出来上がるまでの工程を知ることは、よき消費者になることにつながると思います。つくる人の気持ちがわかると、職人さんに心を開いてもらえる確率も高まります。見る目が育つと、ダマされにくくなります。

 まだまだお伝えしたいことはあるのですが、あとはお店でゆんたくしながら。お気軽に、どうぞ。

 ◆ ゆんたくらふとについての詳細は、こちら

 「紀々の店」開店日はカレンダーをご覧下さい

 

 

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| ゆんたくらふと | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆんたくらふと〜革のコサージュをつくろう!編の「つくり方」をご説明します
 紀々の店「ゆんたくらふと」企画 〜コサージュをつくろう!

 ゆんたく(ウチナーグチで、おしゃべり) × クラフト = ゆんたくらふと。

 紀々の店で紀々と一緒に、人気の革のコサージュをつくりませんか?

 流れはこんな感じです。

 はじめは、一枚のぺったんこの状態。事務用のハサミでカットできます。
 
 ↓
 3枚の花びらを水で湿らせて、それぞれ3回ずつ「ひねり」技。キャンディーを包むような感じです。ヒトデみたいですが、これがちゃんとお花になります。
 
 ↓
 ひねった後は、ゆっくり広げます。広げ具合はお好みで。しっかり広げると「ふんわり感」、軽めに広げると「クシュッと感」のある仕上がりになります。
 
 ↓
 花芯を真ん中に3枚を重ねて、最後にブローチピンをつけたら……できあがり。
 

 一人福(複)役の、とっても使える一品です。

 例えば、スカーフやストールとの相性もバッチリ。
 

 ヘアアクセサリーとして。
 111111スタッフモデルsコサージュヘア-s.JPG

 帽子に 〜麦わら帽子にもとってもかわいいですよ。
 160727-4.jpg

 シンプルな布バッグに。
 

 10年以上コサージュを愛用していますが、まだまだ使い方は研究中です。

 平面の革が立体の花になる……感激。
 ぶきっちょがコンプレックスだった私にも出来た!という感激。
 手を動かしながら「ゆんたく」して、気持ちスッキリ!の感激。
 誰かを思ってプレゼントをつくるワクワク。

 久茂地の街をながめながらの「ゆんたくらふと」時間、いかがですか?

 自分へのプレゼント・誰かへのプレゼント・世界で一つの沖縄土産に、どうぞ。   

 ・ 参加費 2800円(花びら3枚サイズ×1個の材料費込み) ※「紀々の店」開店日限定の特別価格

 ・ かかる時間 だいたい70〜90分(ごゆっくりどうぞ)

 できれば事前にご一報頂けたら助かりますが、飛び入りも大歓迎です。※ Facebookページへのメッセージまたはこちらのフォームからお願いします。

 お気軽に、どうぞ!「紀々の店」開店日はカレンダーに公開していますので、ご都合のいいときにお出かけ下さい。

 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| ゆんたくらふと | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |