Kiki's

紀々(kiki/哲楽家)

・・・






哲楽するラジオ!




ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
心のなかの幸福のバケツ
心のなかの幸福のバケツ (JUGEMレビュー »)
ドナルド・O・クリフトン,トム・ラス
RECOMMEND
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる! (JUGEMレビュー »)
村上 和雄
本来自分自身がもっている可能性は、もっともっとあるんだ!
そう教えてくれる一冊。
可能性が広がるので、前向き度がグンと上がりました。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
紀々の使命……軽やかに・楽しく!〜心臓マッサージ×うた
 昨日、NHK「ためしてガッテン」で胸骨圧迫(いわゆる心臓マッサージ)を歌で覚えてもらおうという取り組みが紹介されているのを見ました。

 それでふと思い立ち、2014年に思いがけず(仮)の段階で全国デビューしてしまった「救命おぼえうた」のことをツイッターに書きました。

 すると、思いがけず少し反響があったので……こちらにも。

 ☆ 「救命おぼえうた、って何?」という方は、こちらをどうぞ

 
 つい先日の東京で参加したとある会合で、お隣の席になったのは警察官の方々でした。

 雑談の中で印象的なお話がありました。


 「詐欺に気をつけて」など、何かを広く呼びかける時に「なかなか自分たちだとカタくなってしまい、伝わりにくい・広がりにくい」という課題……。


 どこかで聞いたことがあるなぁ……

 あれ?

 アレレ??

 
 そうだ!

 救命講習会!!


 「みなさんに、応急手当を覚えてもらいたい」という救命現場に関わるプロの方々の想いと、「忙しくてなかなか講習に参加できなくて…」「受けても忘れちゃう」という一般の方々の気持ちがありました。


 必要だということは、わかっているんだけど……。


 この気持ちは、私も同じでした。


 大切だけど、命に関わることは重たい問題だから、ちょっと気持ちが重くなってしまうんです。

 そんな声も多くありました。


 実際、このうたが全国放送でオンエアされた後はかなりの反響がありました。

 共感の声も多く頂きましたが、「命の問題を軽く扱っているのでは」「あの明るさとテーマが合わない」といった、顔が見えない人からの声も。


 (仮)の状態でドドーンと出てしまったため歌詞に対しても全国から様々な声があり、受け止める体制になかった私はパンク寸前になってしまいました。


 でも、あらためて今振り返ってみて「自分自身に伝えたいこと」があります。


 ===

 軽んじることは問題だけれど、軽やかであることはとっても大事。

 これは、緊急事態の時に流すためのものではないでしょ。

 「もしも」の時に備えて、日常の中で親しんでもらうためのもの。

 だったら明るく軽やかであることはすごく効果的だよ。

 「ラララ♪りうぼう」だって、はじめはけっこう笑われたじゃない。

 大丈夫、共感してくれる人が使ってくれたらいいんだから!

 本気で・明るく・軽やかに。

 それって、すごくあなたらしいと思うよ。

 ===

 正直、ちょっとツライ時期がありました。

 でも、だからこそ今がうれしいです。

 これからは、いよいよ楽しく広めていけるかなという気がしています。


 「こんなツールを探してた!」という方がいたら、是非お伝え下さい。

 みなさんに楽しく使って頂けたら、とてもうれしいです。

 

 ・追伸・

 番組を見て、早い時期に「救命おぼえうた」を使って動画を作って下さったお医者さんからのニュースをお届けします。

 私の動画が出来上がる前に、早速作って下さったことに感激でした。

 このメッセージを頂いたのは、私が「救命おぼえうた」について少し葛藤していた時期だったので、とても勇気を頂きました。

 是非、ご覧下さい♪

 『丸の内健康づくりラボ』のみなさんに、感謝を込めて。 
  
 =・頂いたメッセージ・== 

 『丸の内健康づくりラボ』の仲間と一緒に作成した動画が出来上がりましたので、ご報告いたします。

 ちょっとコミカルな感じに仕上がりましたので、ご笑覧いただければ幸いです。
 

 せっかく歌詞で手順を説明してくださっているので、それに基づいて振り付けしました。

 前フリのドラマも、その場にいる人が心臓マッサージをするんだよ、というのを伝えるために作りました。

 一応、後ろで踊ってるのは、「しんまーダンス」と名付けた踊りでして、心臓マッサージをモチーフにして考えました。
 (時間的に、あまり複雑な踊りを作れなかった、というのもありますが…)

 この動画の公開に先立って、ネット配信の番組でも心臓マッサージとAEDを紹介しました

 このときに、動画を使って小ネタをしながら楽しく紹介しています。(と言っても、私は緊張していてかなり早口です…)

 アメリカやイギリスでは心臓学会が、面白いプロモーションビデオを使って宣伝しています。

 ドラマ『ER』では、ワクチンや検診の啓発がさりげなく挿入されていました。

 啓発運動が上手ですよね。

 それを見ながら、日本でも似たようなことができたらいいのに、と思っていました。

 ま、そこまでは行かないまでも。マジメなことを徹底的にオモシロク。面白くても大マジメに。

 そんなことを話ながら、マルケンしんまー隊プロジェクトとして作成しました。

 動画をきっかけに、少しでも心臓マッサージとAEDが広まったらと思います。

 これも紀々さんが「おぼえうた」を作って、さらに音源利用をフリーにしてくださったおかげです。

 いつか、どこかでご一緒させていただけたらと思いつつ…。

 どうもありがとうございます。

===

 


 「紀々の店」は、気軽に立ち寄れるマチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中
 
 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 ウチナーンチュ(沖縄人)ならではの情報、ウチナーグチ(沖縄言葉)や、紀々が考える哲楽(沖縄らしい気持ちが楽になる思考)などなどお届けします。
 

 
| 救命おぼえうた | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
防災の日に 〜救命講習会が抱える課題にチャレンジ!
 今日は、8月の締めくくりですね。

 みなさんは、9月から変わることはありますか?

 私は、昨日は髪を切ってきました。

 「だんだん短くなっていきますね〜」と言われて「暑いからかな」と思っていたのですが、自分の気持ちに合わせるとこうなったんだと気づきました!

 軽くなりたい!!という羽ばたき願望(笑)。

 その第一弾で、9月はツイッターの発信を新しいテーマに衣替えします。

 うふふ、私自身が楽しみな衣替えです。

 ところで明日は「防災の日」。

 ということで……ちょっと懐かしい「救命おぼえうた☆みんなでPUSH!」のことを久々に。

 うたが出来るまでの背景など詳しくは、「救命おぼえうた」のページでどうぞ


 まだ完全に「救命おぼえうた」が仕上がる前に、思いがけず全国放送となりました。
 
 まずは、2014年6月19日「ニュースウォッチ9」をご覧下さい。

 放送後は、全国から様々な反響を頂きました。

 今だから言えることですが、その「様々」を受け止められずにストレスとハードスケジュールで腰痛が出てしまいました。

 これで私が救急車のお世話になったらシャレになんないよ、と思いながら、ほぼ立つのがやっと状態で講習会に出かけてうたったことも。

 多くの課題を知り、学ぶきっかけをくれた一曲です。

 

 実際の救命の現場は緊迫して厳しいけれど、予防の現場はできるだけ親しみやすく楽しいことが大事。でなければ、人を遠ざけてしまい広まらないから。

 その言葉は私の背中を教えてくれました。

 実際、反響の声からは「救命講習会にどうやったら楽しく参加してもらえるか」という悩みを抱えている学校・職場・自治体の方々が多くいることがわかり、喜んで頂けたことがうれしかったです。

 放送から間もなく、動画をつくりました!とご連絡頂いた取り組みもご紹介します。

 ☆丸の内朝大学 「丸の内健康づくりラボ & 濱木珠恵(ナビタスクリニック東中野)」のみなさん

 1:2014年7月の放送

 2:2014年8月の放送

 すごく苦しくて腰も痛くなったけれど、やっぱりつくって良かったなぁと思える今がうれしいです。

 救命講習会をもっと親しみやすく楽しくしたい!と思っていらっしゃる方は、是非ご活用下さい。

 「こんな風に使ってます!」とお知らせ頂けたら、私も勇気が出ますので……よかったら教えて下さいね

 戦争で何にもなくなってしまった戦後、うたって・笑って・明るさをもって乗り越えてきた沖縄の根っこを、これからも大切に活かしていきたいと思います。

 あした…転機になぁれ!

 


 「紀々の店」は、マチヤグヮー(商店)を目指したお店です。ストラップ(500円〜)やキーホルダーなど手頃な「小さなもの」シリーズも色々、イニシャルを入れられるものもあるので「ちょっとした御礼やプレゼント」選びにも気軽にお越し下さい。

 ◇「紀々の店」開店日はカレンダーでお知らせ中

 ◆ 買うより「つくる」がゼッタイ楽しい! 〜ゆんたくらふと:ゆんたく(おしゃべり)しながらの手づくり

 ◇ リクエストにお応えして、再開しました! 丁寧に生きる人のための個人サポート「メールde哲楽さびら」

 ◆ レザーカービングについて知りたい方へ贈る、電子本(無料)!

   

  

 ※ 「紀々の店」は、この『かがみ屋へ、ようこそ。』から生まれました。
 


 
| 救命おぼえうた | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「全国一」よりもうれしいニュース
 この手があったなんて!!

 この知らせを受けた時、ビックリ&感激でした。今から4年前…消防職員意見発表会の沖縄県代表:与儀真也さんを全国へ!と、コーチとして二人三脚で取り組んでいました。

☆ 足あとは、こちらでご覧下さい

◇ 与儀さんの原稿は、こちらでどうぞ

 残念ながら、全国大会には届かなかったのですが……与儀さんがこの大会を通して訴え実現したかった「dボタン」を使った取り組みが、このたびNHK奈良放送局で導入されたそうです!!

 私たちが本当に目指していたのは全国大会で一位になることではなく、「救える命を救うために」というものでした。なので、4年がかりで思いがけないカタチで実現の突破口が見えたことが本当にうれしいです。

 

 それにしても、ご縁は不思議。沖縄からの与儀さんのアイディアが奈良で実現したのも、ご縁でした。

 意見発表会が終わり2年たった頃、私の「救命おぼえうた(当時はまだ「(仮)」がついた状態でした)」の取材で東京からいらしたNHKのS記者に、与儀さんをご紹介しました。その後やりとりは続いていたようで、今回、奈良に異動になったS記者が奈良での実現にこぎつけてくれたそうです。

 あの日、消防署での取材が終わった後にS記者に「ほかにどこか行きたいところはありますか?」と聞いてみました。せっかくの沖縄なので、少しだけでもどこか沖縄らしいところを案内できたらと思って。すかさず返ってきたのは……

 「りうぼうに行きたいです。」

 一緒にいた屋良剛隊長はじめみなさん、大笑い。その場で一緒にうたってくれました。

 行く先々でみなさんが話題にして下さり、そして救命講習会でうたった時に盛り上がる様子を見て、S記者は現場を見てみたいと思ったようでした。リクエストにお応えして、一番近い天久りうぼうへ。全店にAEDを設置しスタッフにも講習を実施していることもご案内しながらのりうぼうツアー。偶然はまだまだ続き、天久りうぼうでは八木正晴先生(浦添総合病院 救命救急センター長)にバッタリ! 

 そんなこんなで、このことを語ると講演会ができてしまうくらい盛りだくさんです(笑)。

 あきらめずに丁寧に積み重ねて行くと、ちゃんとつながっていくもの……あらためてそう実感したうれしいニュースでした。私にとって、全国大会での一位の知らせよりもワクワクする展開。沖縄でも実現しますように!


 ・info・
 スタジオでの久々ライブと、春の転機をファッションで応援する、西村ゆかりさんとのコラボ企画も、準備進めています♪詳細は、こちらをどうぞ。
 

 「紀々の店」の開店スケジュール&色々な予定は、こちら
| 救命おぼえうた | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
防災の日なので。
 今日は防災の日なので…哲楽×救命のページをあらためて。紀々のうたが最初にテレビデビューしたのが、なんと「救命おぼえうた」という展開は、ビックリでしたが、不思議な縁を感じたものでもありました。

 一緒に…PUSH!

 
| 救命おぼえうた | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7万人の救える命に捧げるうた。
 静かに最注目されているらしい…とのウワサを耳にしたのが、AEDの話題。

 私が、今のところ唯一「どうか、現場で役に立つ場面がありませんように」と願っているのが、このうたです。

 「救命おぼえうた☆みんなでPUSH!」
 NHK「ニュースウォッチ9」で放送された動画も、公開されています。

 これは、胸骨圧迫とAEDを使う方法について、親しみやすくうたにしたものです。そして、思いがけず全国区で放送された一曲。

 とっても大切なのに、むずかしくなりがちなことを…楽しく・親しみやすく!

 これが紀々の使命であると心の底から思えるようになったのは、このうたが世に出て、様々な反響に出会い悩んで試行錯誤した時間があったから。今となっては、貴重な想い出話がたくさんです。

 「紀々さんのうたの向こうに、7万人の救える命があるんです!」

 応援下さっているお医者さんの言葉には、大きな勇気を頂きました。みなさんもどうか覚えて下さい、この手のカタチ(^^)/ 

 

 
| 救命おぼえうた | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
救命おぼえうた☆みんなでPUSH!
 隔月刊ドクターズプラザ3月号で、私が担当した「沖縄PUSHネットワーク」のインタビュー記事のバックナンバーが公開されました。どうぞご覧下さい。

 紀々さんのうたの中で、一番好きなのはね……救命おぼえうた! あの「PUSH!」のところが好きなの。

 そう言って、胸骨圧迫の時の手のカタチをやって見せて下さった方がいました。

 この手の形を覚えてもらうだけでも、かなり効果的。

 消防の方の言葉を思い出しました。

 「あなたのうたは、一度聴いたら頭から離れない。」そう言われることが多くあります。

 だから「一度習っただけでは忘れちゃう」大事なことを、「一度聴いたら離れない」ように出来るのでは…そんな想いから、色んなことをうたにする取り組みを始めたのでした。

 医師免許を持っていない私は、誰かの命を助けることは出来ないと思っていました。でも、お医者さんからは意外な言葉をもらいました。

 「僕は外科医なので、手術して患者さんの命を助けることはできます。でも、それは目の前の一人の患者さん。紀々さんは、うたで一度に100名でも200名でも助けることができる。それは、すごいこと。僕たちにはできないことです。」

 この先生も、ラララ♪りうぼうが頭から離れないとおっしゃって下さるお一人です(笑)。

 是非、みなさんも一緒にうたって覚えて下さい。

 

 紀々のうたの取り組みに関心お持ち下さったら、ファーストアルバムのためのクラウドファンディングにも、応援頂けたら心強いです!
| 救命おぼえうた | 15:29 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
消防職員意見発表にて。
 ☆ 11月7日の選択の哲楽より ☆

 持ち味を、否定していては何も始まらない!

 心の底からそう思えるようになった時から、私は変わったような気がします。そのきっかけのひとつとなったのは、ストレングスファインダーの結果と、それを専門家に読み解いてもらったこと。

 私の持ち味のTOPに出たのは「着想」、そして…「戦略性」。楽しいことを思い浮かべ、戦略的に方法を考えるようです。本人は、無意識。だからこそ「持ち味」なのだと言われ、納得でした。

 「ワクワク」が判断のキーワードになったのも、この頃。決められたワク(枠)は、私にとって「ワクワク度は50%」…自由に発想できる環境が、私にこんなにも大切だとは思っていませんでした。服装が変わったのも、ちょうどこの頃。

 「うた」という手法も、着想をTOPにもつ私にピッタリ!ところが、その制作と進め方には「戦略性」があるという解説を受け、ちょっと驚きました。これは、本を読んだだけではわからなかった部分です。

 先月、沖縄県の消防職員意見発表の審査員を務めました。その時に、担当のMさんに「救命おぼえうた☆みんなでPUSH!」 のことをお伝えしました。打ち合わせでうたを歌うなんて…今思えば、私の意見発表のような時間でした(笑)。

 そのうたに感激して下さったMさんは、当日の受付にテレビを設置し「救命おぼえうた☆みんなでPUSH!」の動画を流して下さったのです。とにかくMさんにお伝えしたいと思ってのことでしたが、結局これも「戦略性」だったのかもしれません。

 「紀々さんはね、絶対プロデューサーに向いてる!」…私のストレングスファインダーを読み解いて下さった森川里美さんに、太鼓判を押して頂いたことを思い出しました。「審査員を頼まれただけで、フツーわざわざここまでやらないでしょ」と、身近なメンバーからはやっぱり笑われましたが…きっと、これが私なのです(笑)。

 ☆ ストレングスファインダーに関心お持ちの方は、28〜30日studio紀々に、どうぞ♪ 

 

 ◆・ 紀々のfacebookページ ・◇

 

 

紀々の電子本
| 救命おぼえうた | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
救命おぼえうた×「丸の内健康づくりラボ」のみなさん!
 ☆ 9月19日の選択の哲楽より ☆

 今日の選択は…「楽しい」スタイルを選択したうたの事例。

 10月2日の「テンブス島やさい劇場vol.2」の練習の合間に、新しいやさいのうたが生まれました!子どもたちが元気にうたってくれている姿と一緒に、朝一番に浮かんだモチーフ…大事に仕上げていきます。

 このところ、ピアノに向き合いながら思っているのが…私がつくりたいのは「スイッチ・ソング」では?ということ。「一歩を踏み出したい!」という人のスイッチをONにするきっかけとなるようなうたをつくりたい、と思っていることに気が付きました。だから、スイッチ・ソング。

 やさい系のうたは「そうだ、やさい食べよう!」というスイッチ。救命系のうたは「私も、救命講習を受けに行こう!」というスイッチ。

 それぞれの専門家のお話をうかがう中で、それらのスイッチをONにするきっかけとなれたら、という想いから生まれたのでした。スイッチON!のために欠かせないのは「ワクワク・楽しさ」。専門家の方々からのうたへの反響を聞く中で、あらためて「やっぱり、楽しくなくっちゃ!」と感じるようになりました。

 今日は、ちょっと前に頂いた「救命おぼえうた」 http://kikism.net/uta-qq.html を使って動画を作って下さった方からのニュースをお届けします。私の動画が出来上がる前に、早速作って下さったことに感激でした。このメッセージを頂いたのは、私が「救命おぼえうた」について少し葛藤していた時期だったので、とても勇気を頂きました。是非、ご覧下さい♪

 『丸の内健康づくりラボ』のみなさんに、感謝を込めて。 
  
 =・頂いたメッセージ・== 

 『丸の内健康づくりラボ』の仲間と一緒に作成した動画が出来上がりましたので、ご報告いたします。ちょっとコミカルな感じに仕上がりましたので、ご笑覧いただければ幸いです。
 

 せっかく歌詞で手順を説明してくださっているので、それに基づいて振り付けしました。前フリのドラマも、その場にいる人が心臓マッサージをするんだよ、というのを伝えるために作りました。
一応、後ろで踊ってるのは、「しんまーダンス」と名付けた踊りでして、心臓マッサージをモチーフにして考えました。(時間的に、あまり複雑な踊りを作れなかった、というのもありますが…)

 この動画の公開に先立って、ネット配信の番組でも心臓マッサージとAEDを紹介しました。
 このときに、動画を使って小ネタをしながら楽しく紹介しています。(と言っても、私は緊張していてかなり早口です…)

 アメリカやイギリスでは心臓学会が、面白いプロモーションビデオを使って宣伝しています。ドラマ『ER』では、ワクチンや検診の啓発がさりげなく挿入されていました。啓発運動が上手ですよね。それを見ながら、日本でも似たようなことができたらいいのに、と思っていました。

 ま、そこまでは行かないまでも。マジメなことを徹底的にオモシロク。面白くても大マジメに。そんなことを話ながら、マルケンしんまー隊プロジェクトとして作成しました。

 動画をきっかけに、少しでも心臓マッサージとAEDが広まったらと思います。これも紀々さんが「おぼえうた」を作って、さらに音源利用をフリーにしてくださったおかげです。いつか、どこかでご一緒させていただけたらと思いつつ…。どうもありがとうございます。

===

 ☆ 写真は、先月の「県民健康フェア」にて。救命医・救命士として、日頃は救命の現場で命と向き合う沖縄PUSHネットワークのお二人と一緒に、うたをお届けしました。終了後は「緊張したぁ〜!」と、みんなで大笑いでした。

 

 ◆・ 紀々のfacebookページ ・◇

 

 

紀々の電子本
| 救命おぼえうた | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
救急の日に、哲楽したこと。
 ☆ 9月10日の哲楽より ☆

 一日遅れになってしまいましたが、救急の日にちなんで(笑)。

 去年の救急の日は、それほど意識せず過ごしていたのに、今年は、すっかり「救命のひと」と呼ばれることも増えて「我がコト」となっています。 

 減らせ突然死プロジェクト・メドピア共同企画【救急の日(9月9日)特別アンケート】医師が考えるAED普及のために必要なこととは? 

 このアンケート結果を見て「なぜ、うたが注目されているのか」がわかった気がします。「みんなが知っておく必要があること」を伝えるためには、学会や研修など専門家向けのアプローチとは別の工夫が必要。特に子どもたちにも参加してもらうには、「正しさ」だけでは厳しいと感じています。

 先日、ビーチで女性が溺れている場に遭遇し近くの人たちと心肺蘇生法などを行ったと、知人から連絡をもらいました。救命おぼえうたが頭に流れていた、とのこと。少しでも役に立てたことを知り、勇気が出ました。

 「正しい知識」につなぐための「とことん楽しい入口」をつくるのが、きっと私とうたの役割。食育・健康のジャンルも同じだと感じます。「楽しさ」は、行動を起こすための「強さ」となる!そんな手応えを感じる、秋の入り口です。

 「救命おぼえうた☆みんなでPUSH!」 

 ☆ 写真は、先月の県民健康フェアでうたをお届けした後に、MCのゆうりきや〜 のお二人と。力也さんとは、番組にお邪魔した時以来…10年よりもっと久々の再会でした。ご協力に、感謝!

 

 ◆・ 紀々のfacebookページ ・◇

 

 

紀々の電子本
| 救命おぼえうた | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |