Kiki's

紀々(kiki/哲楽家)

・・・






哲楽するラジオ!




ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
心のなかの幸福のバケツ
心のなかの幸福のバケツ (JUGEMレビュー »)
ドナルド・O・クリフトン,トム・ラス
RECOMMEND
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる!
遺伝子オンで生きる―こころの持ち方であなたのDNAは変わる! (JUGEMレビュー »)
村上 和雄
本来自分自身がもっている可能性は、もっともっとあるんだ!
そう教えてくれる一冊。
可能性が広がるので、前向き度がグンと上がりました。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 紀々より出世の予感?!〜studio紀々の夏 | main | 紀々がスカウトされた理由。 >>
ひとりで50人分の拍手〜意外な特技、発見!
 先日、親しい友人の紹介で
初めてお会いした方々も一緒に
カラオケのあるバーへ行った時の出来事。

 「Bさん、どうぞ。」

 その席で一番肩書きと年齢が上のBさんに、
若手の一人がマイクを手渡した。

 すると、Bさんからは意外なひと言が。

 「私はね、200人くらいいないと歌わないんだよ。」

 もちろん、冗談半分ではあったものの
ちょっとした気まずさが生まれたのを感じた。

 思わず私は、
「それは残念。せめて何人集まれば歌って下さいますか?」
とうかがってみた。

 「そうだなぁ、50人かな」とBさん。

 「では、私が50人分の拍手をいたします!
よろしければ…いかがでしょうか?」
 この私のひと言がきっかけで、
他のお客さんグループを入れても10人にも満たないバーで、
歌って下さることになった。

 200人の前で、とおっしゃるだけのことはあり
さすがの歌声…間奏に入ったところで、皆と一緒に私も拍手をした。

 すると、思いがけないBさんの言葉が。

 「紀々さんスゴイね。あなたの拍手は50人分に聞こえるよ!」

 実は私は、拍手が得意。
 十代の頃に電子オルガンの修行で師匠の舞台裏をサポートしていた頃、
拍手についてもかなり鍛えられた。

 拍手というのは面白いもので、
会場で誰かが最初に大きくしっかりした拍手をすれば、
思わずつられて皆が拍手をしてしまうもの。
 これは、笑顔と同じだと思う。

 だから、師匠の舞台の本番では、会場で
しっかりとした拍手をするのも弟子の仕事の一つ。
 舞台に立つ人に、本番中に唯一発することができる
メッセージが「拍手」なので、知り合いが舞台に立っている時には
とにかくしっかりと拍手で気持ちを届けようと思って
手をたたいている。

 それにしても、その「拍手」が
こんなところで役に立つとは思っていなかったので、
うれし恥ずかし…(笑)
 いやはや、何がいつ役立つかわからないものだ。

 Bさんはとても喜んで下さり、
帰り際には「紀々さん、また是非ご一緒しましょう」と
声をかけて下さった。

 「だから、あなたが飲み屋さんやったら儲かるって言ったでしょ?」
という声が、また聞こえてきそうな展開となった(笑)

 それにしても…

 一生懸命に頑張って身につけたものは、裏切らない。
 思いがけないところで、思いがけない力となってくれる。

 表面的なスキルを身につけることにとらわれず、
アマチュア時代に「何になるのか・お金になるのか」わからないまま
必死に体当たりで磨く、あの感覚がどんなに重要かを
思い知らされた出来事だった。
 私にとって、
ものすごくインパクトのあるカラオケ時間となった。

 私の特技は「拍手」です。

 うふふ…新しい特技、発見!

 あなたの意外な特技は、何ですか?


 8月28日Life UP!講座【もっと楽しく、コミュニケーション!〜コーチング入門】
 WEBチラシは、こちらから。※ご予約は、8月18日より。


  
  

  ・レザークラフト&コミュニケーション【紀々組!クラフト部】メンバー募集中・
  ・紀々組!スタッフによる、もうひとつの紀々ism!ブログ・   
| 哲楽の現場から | 15:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
特技が拍手って、素敵ですね
周りの人を幸せにできる特技ですね
お人柄が伝わってきました

私の特技は。。。何だろう?
| NLP | 2011/08/11 9:43 PM |
どうもありがとうございます!
| 紀々 | 2011/08/15 1:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kikism.net/trackback/921919
トラックバック